2020年版!アガルートアカデミー社会保険労務士試験講座まとめレビュー

「最小限に絞った講座体系」×「最良のテキスト」×「使いやすい受講環境」で徹底的な合理化で、合理的な学習を実現するアガルートアカデミー。 平成30年度社会保険労務士試験における受講生の合格率は24.3%と、全国平均6.3%の3.86倍の合格率となりました。2017年4月開講からわずか2年でこの実績、今後も期待できそうですね。 そんなアガルートアカデミーの社会保険労務士試験講座の最新202

続きを読む

2020年最新版!社労士通信講座クレアール おまとめレビュー

合格に必要な学習範囲を「合格必要得点範囲」として厳選し、そこを重点的に学習する「非常識合格法」で有名なクレアール。他校との違いは、クレアールでは20年分の過去問を分析して、出題頻度が多い問題などをあぶりだして集中的に学習するところ。社労士試験の出題範囲は広いため、短期間合格を目指すには「まずは過去問・演習を徹底的にこなす」という手法を採用しています。 そんなクレアールの2020年合格目標

続きを読む

アガルートアカデミー社会保険労務士試験講座の特徴と口コミまとめ

「最小限に絞った講座体系」×「最良のテキスト」×「使いやすい受講環境」で徹底的な合理化で、合理的な学習を実現するアガルートアカデミー。 2015年1月に開校したフレッシュな資格学校ですが、今にあったニーズを汲んだカリキュラムを用意しています。扱う講座も司法試験・予備試験、司法書士、行政書士、社労士、宅建士など人気資格から公務員試験、アクチュアリー試験、情報処理技術者どのビジネス系資格まで網羅

続きを読む

L・A(エル・エー)社労士労務士・社労士通信講座の特徴と口コミまとめ

"テキスト屋ではありません!講義に自身のある『授業屋』です"とPRするLA(エルエー)は、通信講座専門の資格スクールです。特にビジネス系資格の宅建士や行政書士、日商簿記などの講座に力を入れてます。 社労士の通信講座も同様に、全60回・約100時間とコンパクトなカリキュラムで合格を目指します。講座内容と受講料のバランスがちょうどいい通信講座の一つとして紹介できます。そんなL・A(エル・エー

続きを読む

LEC東京リーガルマインド 社労士合格講座の特徴と口コミまとめ

2019年に創立40年を迎えるLEC(レック)東京リーガルマインド。取扱い講座は多く、司法書士・税理士試験、社会保険労務士試験、公務員試験、日商簿記試験など、取り扱う資格・検定は100以上あります。その中でもやはり強いのは法律系資格に強いと有名なLEC(レック)。そんなLEC(レック)の社労士合格講座の特徴と口コミを独自にまとめてみました。 LEC(レック)の社労士合格講座の特徴や魅力を

続きを読む

資格の大原 社会保険労務士講座の特徴と口コミまとめ

幅広く多くの資格講座を運営する資格の大原。公務員・会計系から各分野のビジネス系資格まで網羅していますが、行政書士や中小企業診断士などのビジネス系資格に強いと有名。そんな大原の社会保険労務士講座の特徴と口コミを独自にまとめてみました。 大原の社会保険労務士講座はとにかく多い講座コースとトータル指導が特徴です。そんな大原の社会保険労務士講座をもう少し掘り下げてどう魅力的なのかを探ってきたいと

続きを読む

ユーキャン 社会保険労務士講座の特徴と口コミまとめ

CM・折込ちらしで資格勉強を応援するユーキャン。名前だけでも聞いたことがある人は多いと思います。そんなユーキャンの社会保険労務士講座の特徴と口コミを独自にまとめてみました。 ユーキャンの社会保険労務士講座は歴史が古く、合格実績はもちろんのこと、はじめて社労士を目指すかたでも分かりやすい教材や手厚いサポートが特徴です。そんなユーキャンの社会保険労務士講座をもう少し掘り下げてどう魅力的なのか

続きを読む

フォーサイト/社会保険労務士通信講座テキストの評判・口コミ

本試験が終わってもう10月に入りました。2018年度本試験まであと約10か月。試験合格を目指される方はそろそろスタートしたほうが良いのではないでしょうか?しかし、「何からはじめよう?」「勉強方法は何がいいの?」など初学者の方には迷うところが多いと思います。 ここでは、フルカラーテキストで評判がいいフォーサイトの社会保険労務士・社労士通信講座のテキストの評判・口コミを紹介します。初学者

続きを読む

社労士通信講座TAC 徹底レビュー

全国に教室を展開し、社労士講座だけでも45名以上の講師を抱えるTACは、2011~2016年の5年間で 2,836名の合格者を送り出しています(TAC公表数字)。そんな実績を誇る講師陣の講義が自宅にいながらインターネットで受講することができます。またサポート体制も充実していて、i-support(アイサポート)というシステムを使った「受講生と講師」の双方向コミュニケーションが可能になっています。

続きを読む