2018(平成30年度)第50回社会保険労務士試験の講評


8月26日(日)に、平成30年度社会保険労務士試験が実施されました。受験された方はあらためておつかれさまでした。

試験が終わってからしばらく経ち、資格学校各社から今回の試験の講評を発表していますので、本サイトでも情報をまとめておきます。

さあ始めよう!「社労士通信講座の選び方2019!人気7講座の受講料・価格を比較」はこちら

フォーサイト|第50回社会保険労務士試験 選択式 講評

「労働基準法」「労働安全衛生法」

最近の傾向どおりの問題であり、それほど難しくはなかったと。「労働安全衛生法」は、Eは落としても仕方がない問題であったが、Dは確実にとりたいとこ。基準点の引下げの可能性は、かなり低いと予想される。

「労災保険法」

すべてが基本事項からの出題だったので、満点を狙える。そのため、労災保険法も基準点の引下げの可能性はかなり低いと予想される。トータルの基準点を考えると、「労災保険法」は、できるだけ得点しておきたいところです。

「雇用保険法」

過去の出題の傾向通り、法条文をベースにしたもので内容的にも満点を狙えるところ。ですが、雇用保険法は数字の空欄が多いと、受験生の得点が伸び悩み、基準点が引き下げられるということがあります。そのため、もしかしたら、基準点が2点に下がる可能性があります。

「労務管理その他の労働に関する一般常識」

全体的に厳しい問題であったと思われます。特にAとBは統計からの出題でしたので、かなり厳しい出題といえます。CとDに関しても次世代育成支援対策推進法に関するものだということがわかるかどうかで2点を失う可能性があります。総合的に3点を確保するのが難しいので、基準点が2点に下がる可能性が高いです。

「社会保険に関する一般常識」

B以外は条文ベースの問題であり、全体的には基本的な内容からの出題でした。ですので3点を取ることは難しくはなく、基準点の引下げはないでしょう。

「健康保険法」

問題文1は基本的な条文からの出題でしたが、意外と正しい選択肢を選べない可能性があります。基本的な問題もあったが、選択肢のケアレスミスなどにより状況によっては、基準点が2点に下がる可能性もあります。

「厚生年金保険法」

どの問題も条文ベースで、過去に出題されてる実績のあるものもでてました。過去に出題されてるものに関しては確実に得点しておきたいところです。ただ、知識があやふやだと選択肢を見て、迷ってしまう可能性がありそうです。そのため、もしかしたら、基準点が2点に下がるかもしれません。

「国民年金法」

Aは、過去に択一式で論点にされた箇所なので、確実に正解したいところ。Bは、ここまで押さえていないということがありそうな箇所ですから、正解することができなくても仕方ないところです。そのほも正確な知識があれば得点することは難しくはなかったと思いすが、厚生年金保険法と同様に、受験生の得点状況によっては、基準点が2点に下がる可能性はあります。

トータルの基準点については、問題のレベルから考えた場合、昨年度と同じかやや上がり、25点前後ではないでしょうか。
ただ、科目別の基準点の引下げの状況などにより、さらに高くなる可能性もあります。

フォーサイト 第50回社会保険労務士試験 択一式 講評

今年の問題冊子のページ数は昨年度より3ページ増えて61ページでした。過去に60ページ以上の年度は、何度かあっただけですから、かなりボリュームがあったといえます。そのため、時間配分で苦戦する傾向にあったといえます。

問題についてですが、労働関係の問題については、全体としては例年並みでした。
・「労働基準法」は判例や通達からの出題がありましたが、難易度はそれほど高くなかったので4問から5問は正解したいところです。

・逆に、「労働安全衛生法」は得点し難い問題が多く、特に、問9は捨て問と考えてもよい問題でした。そのため、労働基準法である程度得点をしておかないと、科目別の基準点を確保できないということもあり得ます。

・「労災保険法」は、ほとんどが過去に出題された論点や基本からの出題だったのでかなり正解することができたでしょう。徴収法の出題も基本的なものが中心でしたから、この科目はしっかりと得点をしておきたいところです。

・「雇用保険法」は、行政手引からの事例の出題が多く、答えの肢を絞り込むのが難しいものがあり、また、個数問題が2問あったことから、全体としてやや難しかったといえます。これに対して、徴収法の3問は、それほど難しくはなかったので、基準点を上回ることができるレベルで、できれば6問以上は正解したいところです。

・「労務管理その他の労働に関する一般常識」は、法令の出題が3問だったので、このうち何問正解できたかが科目別の基準点との関係で重要になります。いずれも難しいものでしたが、1問は正解しておかないと、厳しい状況になる可能性があります。

・「社会保険に関する一般常識」は、厚生労働白書の問題以外は何とか正解したいところですが、たとえ2問か3問の正解であったとしても、「労務管理その他の労働に関する一般常識」の状況によって、合計で、科目別の基準点である4点を確保できる可能性があります。なお、受験生の得点状況によって、もしかしたら、基準点の引下げがあるかもしれません。

・社会保険関係の問題については、全体としては易しい問題が多かったです。
「健康保険法」は、肢単位でみると、難しいものがありましたが、正解を選びやすかったことから、できるだけ得点を稼いでおきたいところです。

・「厚生年金保険法」も、やや難しい問題がありましたが、比較的易しい問題が多かったので、かなり正解することができる可能性がありました。ただ、長文の問題が多いため、問題文を読みながら勘違いをしてしまったり、時間に追われてミスをしてしまったりとかということがありそうです。もし、そのようなミスがあったとしても、7点以上は取っておきたいレベルでした。

・「国民年金法」は、事例など具体的な内容の問題が出ることがよくあり、平成30年度試験でも、そのような出題がありましたが、基本を理解していれば容易に正誤の判断ができる問題でした。また、そのほか、やや厳しい内容の出題がありましたが、正解肢を選ぶのは、それほど難しくはないので、健康保険法や厚生年金保険法と同様、ある程度得点することができるでしょう

トータルの基準点については、問題のボリュームや個数問題の出題などの「基準点の引き下げ効果」の要素から、それほど高くなることはなく昨年同程度もしくは少し下がるかもしれません

 

2018(平成30年度)第50回社会保険労務士試験の講評まとめ

ここではフォーサイトの講評をまとめましたが、各社の見解をも加味してまとめてみると、本年度の試験全体のレベルとしては昨年と同レベル。捨て問題や長文など正解しにくい問題もありましたが、総じてみると比較的得点がしやすかった傾向とみられています。特に選択式に関して言えば、数年前までの極端な難問ありませんでした。

合格基準に関しては、上記の見解から基準点が極端に下がるとは思われないので昨年同様レベルと予想されます。「果報は寝て待て」と言いますので、合格発表まではリフレッシュしてお過ごしください。

さあ始めよう!「社労士通信講座の選び方2019!人気7講座の受講料・価格を比較」はこちら

人気の通信講座!「社労士通信講座フォーサイト 徹底レビュー」はこちら

人気の通信講座!「社労士通信講座クレアール 徹底レビュー」はこちら

人気の通信講座!「社労士通信講座TAC 徹底レビュー」はこちら

コメントは受け付けていません。

ニチェのおすすめ社労士通信講座ベスト3

クレアール

クレアールの通信講座は、社会保険労務士試験の出題傾向の高い部分に的を絞ったテキストや過去20年間分の過去問を分析して構成された「分野別完全過去問題集」など、とにかく『合格必要得点範囲』を徹底的に抑えることに特化した通信講座となってます!
動画講義については社労士受験界では実力派講師として有名な北村庄吾講師と斎藤正美講師のお二人が担当されているので、講座のクオリティに関しても折り紙つきです。
お得な割引制度も充実してますので、なるべく安い価格で講座を探されてる方にも十分範囲内だと言えますね。

フォーサイト

フォーサイトの講座で使用している教材は、図表を多く取り入れた視覚的に分かりやすいフルカラーテキスト、専用スタジオで収録している通信講座専用のハイビジョン講義DVDなど、他の通信講座と比べてクオリティの点においては一番の教材だと言えます。
また、講座価格に関しても基礎講座+過去問講座のセットで余裕の10万円以下となっており、社会保険労務士の通信講座の中では最安水準となっております。
法律系資格を初めて受験される方や安い価格で講座を探されている方にはまさにバッチリな通信講座ですね^^

アガルートアカデミー

アガルートアカデミーの通信講座はとにかく合理的学習が特徴です。「最小限に絞った講座体系」×「最良のテキスト」×「使いやすい受講環境」で合理的な学習を実現!
いつでもどこでも時間を無駄にしないようマルチデバイス対応はもちろん、1回の動画講義を30分前後にまとめることで短時間でも1講義を学習できるなど忙しくて時間が無いかたでも安心。
また、社労士試験の有名講師である大河内満博先生が在籍されてるように、指導経験豊富な講師陣も特長です。
キャンペーンを活用すればお手頃な値段で受講もできるので、費用的にもバランスが良い講座です。