社会保険労務士の働き方

社労士の働き方はハッキリしています。それはなぜか…

社労士試験に合格した人は、厚生労働大臣が指定する講習会を経て、所属地域の社労務士会に入会し、社会保険労務士名簿に登録することではじめて「社会保険労務士」となるのですが、実はその入会・登録申込書に“社労士としての働き方”が分類されているのです。

※分類表記は、地域の労務士会によって多少異なる場合があります。

開業型の社労士の場合

  • 開業社会保険労務士
  • 社会保険労務士法人の社員

社労士事務所として看板を揚げ、独立して自分で稼ぐ人は、開業社会保険労務士として登録します。顧客を開拓しなければならない厳しさはありますが、やはりやりがいがあるのがこの型。

また本人の努力次第で最も稼げるのも、この開業社会保険労務士です。
法人化されている社会保険労務士事務所の社員として社労士活動する人も「開業型」として登録します。「開業型」に分類されるといっても、一般企業に勤めるサラリーマンと同じ雇用形態と変わりません。

勤務型の社労士の場合

  • 勤務社会保険労務士

いわゆる“企業内社労士”と呼ばれる人です。一般の会社に勤め、資格が生きる部署で業務にあたる社労士が登録します。同じ法律系士業の司法書士は、司法書士登録しながら一般企業に雇われることは認められていません。「勤務型」が最初から認められている社労士は、士業のなかでもレアな資格です。

コンプライアンスが重視される現代、各企業は、労働問題が生じることで社会的信用をなくすリスクを抱えます。そんなリスクを減らすためにも社労士のニーズは高く、勤務型登録をする社労士が増えるのではないでしょうか。

その他に分類される社労士の場合

「開業型」「勤務型」に当てはまらない場合、つまり開業でも勤務でもない人は、「その他」に分類して登録することになります。ただし、社会保険や労務に関する、社労士としての業務は一切出来ません。

決して安くはない会費を納めてまで社労士会に登録するメリットがあるのかとも思いますが、一定数の合格者が「その他」に登録されるようです。

その他に登録するメリット
  • “社会保険労務士”を名乗れる
  • 社労士会に属しながら、将来に向け準備できる

社労士登録には有効期限がないので、合格者は自分の都合で好きな時に登録すればOKです。ただ、登録しなければ、社労士を名乗ることも、履歴書の資格欄に記載することも出来ないので注意が必要です。

「具体的な計画のないまま試験に合格してしまった」「どうするか迷っている」という人は、とりあえず「その他」に登録されることになると思いますが、いざ登録時に迷わないよう事前に考えておきましょう!

コメントは受け付けていません。

ニチェのおすすめ社労士通信講座ベスト3

クレアール

クレアールの通信講座は、社会保険労務士試験の出題傾向の高い部分に的を絞ったテキストや過去20年間分の過去問を分析して構成された「分野別完全過去問題集」など、とにかく『合格必要得点範囲』を徹底的に抑えることに特化した通信講座となってます!
動画講義については社労士受験界では実力派講師として有名な北村庄吾講師と斎藤正美講師のお二人が担当されているので、講座のクオリティに関しても折り紙つきです。
お得な割引制度も充実してますので、なるべく安い価格で講座を探されてる方にも十分範囲内だと言えますね。

フォーサイト

フォーサイトの講座で使用している教材は、図表を多く取り入れた視覚的に分かりやすいフルカラーテキスト、専用スタジオで収録している通信講座専用のハイビジョン講義DVDなど、他の通信講座と比べてクオリティの点においては一番の教材だと言えます。
また、講座価格に関しても基礎講座+過去問講座のセットで余裕の10万円以下となっており、社会保険労務士の通信講座の中では最安水準となっております。
法律系資格を初めて受験される方や安い価格で講座を探されている方にはまさにバッチリな通信講座ですね^^

アガルートアカデミー

アガルートアカデミーの通信講座はとにかく合理的学習が特徴です。「最小限に絞った講座体系」×「最良のテキスト」×「使いやすい受講環境」で合理的な学習を実現!
いつでもどこでも時間を無駄にしないようマルチデバイス対応はもちろん、1回の動画講義を30分前後にまとめることで短時間でも1講義を学習できるなど忙しくて時間が無いかたでも安心。
また、社労士試験の有名講師である大河内満博先生が在籍されてるように、指導経験豊富な講師陣も特長です。
キャンペーンを活用すればお手頃な値段で受講もできるので、費用的にもバランスが良い講座です。