社労士通信講座TAC 徹底レビュー

全国に教室を展開し、社労士講座だけでも45名以上の講師を抱えるTACは、2011~2016年の5年間で 2,836名の合格者を送り出しています(TAC公表数字)。そんな実績を誇る講師陣の講義が自宅にいながらインターネットで受講することができます。またサポート体制も充実していて、i-support(アイサポート)というシステムを使った「受講生と講師」の双方向コミュニケーションが可能になっています。

おすすめ度
価格 105,000円~
テキスト教材 オリジナルテキスト(習熟度別)
講義収録教材 WEB・音声DL・DVD
標準学習期間 10ヶ月
質問・サポート メール・電話質問・i-support
教育訓練給付制度 対象講座あり
単科講座の受講 可能

TACの通信講座 スペック情報

運営会社名 TAC株式会社
講座コース
  • (初学者向け)入門総合本科生
  • (初学者向け)総合本科生Wide
  • (初学者向け)総合本科生
  • (学習経験者向け)総合本科生Plus
  • (学習経験者向け)知識グレードアップ・ゼミ
  • (学習経験者向け)上級本科生
教材内容 テキスト 講座オリジナルテキスト(モノクロ)
講義 教室講義を収録した講義映像(WEB視聴/DVDで選択可)
サポート内容
  • 質問サポート(電話/Eメール/質問カード)
  • インターネットフォローシステム「i-support」の利用
  • スクーリング制度(14回まで利用可能)
  • 自習室の利用(無料/予約不要/回数無制限)
  • 個人別成績表の配布
割引制度 複数種類あり
キャッシュバック・返金制度 本年度試験を受験し合格発表前に翌年向けに講座受講を開始したが、本年度試験に合格している場合は全額返金
教育訓練給付制度 指定口座あり
単科受講・オプション受講 可能
パンフレット
(資料請求)
サンプル
テキスト
なし
※講座案内にテキスト構成の説明はあります
サンプル
講義DVD
なし
※公式サイトでWeb通信・音声ダウンロード通信講座の無料体験が可能
公式サイト 資格の学校TAC[タック]

TACの通信講座 特長

◆ 受験の王道、TACメソッド

TACは資格の学校として歴史が長く、社労士講座も1986年に開講し、すでに30年以上の実績があります。その実績にあぐらをかくことなく改良を重ねた結果、最短距離で合格できるTAC-METODという独自理論も確立。

社労士以外にもあらゆる資格講座があり、これまでも多数の合格者を送り出しています。短期合格を可能にするための教育カリキュラムは、理論に基づき、戦略的に練り上げられています。

◆ 目的を絞ったコースが多彩!

学習を開始する時期や、受講者の学習レベルに合わせた複数のコースが用意されています。初めて資格を目指す人を着実に合格レベルに持って行く「総合本科生Basic」をはじめ、あと一歩で合格を逃した人向けに重要論点的を絞ったコースや、短期間で効率よく学習するコースなど多彩ですが、丁寧に分類されているので迷うことはないでしょう。

なんと合格者向けの実践講座まであるところが、さすが資格の学校TAC!

◆ 受講方法がスタイルで選べる

各講座ではインターネット通信・音声ダウンロード・DVDの受講方法があります。自宅ではインターネットを経由していつでも講義を収録した映像がストリーミング配信されます。また通勤・通学時には、ダウンロードした講義音声をオーディオプレーヤーで聞きながらの学習も可能ですし、DVDなら外出先でも講義映像を見ることができます。

時間を無駄にしない効率的な受講方法が選べるのが嬉しいですね。

◆ テキストは習熟度に合わせて用意!

TACでは「初学者向け」と「受験経験者向け」で別々の教材を使って、習熟度に合わせた講義が行われます。法改正に伴う更新情報もギリギリまでテキストに反映して改訂されるので、受講生は最新内容で学習することが出来ます。

また、TACには講師スタッフとは別に、教材作成専門の社労士チームがあり、日々情報収集と試験傾向の分析を行い、そのデータが教材にフィードバックされるそうです。

◆ サポート体制は業界トップクラス!

通信講座では質問メールが一般的ですが、TACでは電話で講師に質問できる体制もとっています。さらに独自のi-support(アイサポート)システムを使った双方向コミュニケーションは、受験生同士の情報交換にも使えます。

それ以外にも、実際の教室で行われる講義を受けることができるサービスも。時には生の講義に出席して、独特の緊張感や他の受験生の様子を体感できるのは大きなメリットがあります。

◆ スケールメリットを活かした全国模試

TACでは、受講生以外も参加する全国模擬試験が年に2回実施されます。2015年には約14,000人もの受験があった業界最大級のTAC模擬試験。それだけTACの模試が多くの受験生に重要と認知されているのですね。

上位3〜9%以内が合格ラインとなる社労士試験では多くの受講生のなかで自分の位置を確認することも大切です。TACの講座には全国模試がカリキュラムとして含まれるものが多いです。

講座の特徴 |資格の学校TAC

 

TACの講座コース 概要

TACでは、初学者から合格者まで、学習レベルや開講の時期に合わせて最適なものが選べるようにコースが分類されています。嬉しいことに、受験経験者には割引制度があるのでお見逃しなく!

受験経験者向け各種割引制度 |資格の学校TAC

 

◆初学者向け「総合本科生Basic」2018年合格目標

初学者を対象にしたコースです。年金科目をメインに先行学習することで、基本講義の年金科目が2回転学習となって、より早く学習を進めることができます。

コース キャンペーン価格 通常価格
Web通信講座 180,000円 211,000円
音声DL通信講座 180,000円 211,000円
Web+音声DL通信講座 185,000円 221,000円
DVD通信講座 201,000円 231,000円
資料通信講座 105,000円

◆ 受験経験者向け「上級本科生Fast」2017年合格目標

“あと一歩で合格を逃した人”を対象とした、短期間で実践力の強化を目指す専用コースです。「短期間」で「効率よく」頻出論点や法改正点をインプットします。

コース キャンペーン価格 通常価格
Web+音声DL通信講座 128,000円 154,000円
DVD通信講座 139,000円 164,000円
Webフォロー 20,600円

詳しい情報はオフィシャルサイトをご覧ください。

講座コース・料金 |資格の学校TAC

 

TACに資料を請求してみた

何はともあれ、管理人が実際に資料請求して届いたものがこちら。


ゆうメールで届きました。他校のものと比べてもボリュームがあります。

同封物の一式。講座のパンフレットばかりでサンプルテキストはありません。

講座パンフレットを開いたところ。合格者の紹介に結構ページ数を使っています。

講座案内以外にも、Q&Aブックや社労士の仕事を紹介する冊子も入っています。

◆ 管理人の感想

大手資格学校だけあって、いかにも広告的な印刷物のオンパレードです。とりあえず講座ごとに用意されているパンフレットを一通り集めてセットしました的な感じでしょうか。これでは公式サイトで得られる情報とあまり変わりません。

まあ、TACは資格学校として全国各地で実教室での講義をメインで行っていますので、生徒が持ち帰りやすいようなパンフレットが必要なのでしょう。通信講座を希望する人には別の資料セットがあったらいいなと思いました。無料のテキストサンプルなんかも欲しかったです。

資料請求 |資格の学校TAC

 

TACの社労士通信講座をニチェ観点で評価採点

クレアールの社労士講座 評価
教材 20pt
講義 15pt
コスパ 10pt
サポート体制 15pt
運営実績 20pt
【総合評価:80pt】

TACのテキストは、なにしろそのボリュームがすごいです。カリキュラムに関しても「通学制」と同じものが使われおり、この量に圧倒されて、戦う前に戦意喪失してしまいそうです。しかし、これこそが資格の学校として長い歴史と実績を重ねたTACの答えなのだと納得してしまいました。
つまり、社労士の出題範囲が広いからと言って、要領のいい学習法でギリギリ合格を狙うのではなく、社労士試験に真正面から立ち向かう、まさに王道スタイルがTACの学習なのです。結局のところ、それが合格への“最短距離”との自負がうかがえます。ただし価格に関しても全体的に高めで、期間限定割引キャンペーンなども見かけない、堂々の王道振りです。

こんな人にお勧めできます!
  • 学習量が多くてもやりきる自身がある人
  • 幅広く学習して一発合格を目指す人
  • 過去に受験経験があり、また一から挑戦したい人
  • 教育訓練給付制度が利用できる人

TACのここだけ耳より情報

TACでは、これから社労士を目指す人に向けて、無料講座説明会やセミナーを毎月実施しています。

社労士の仕事内容はもちろん、試験制度、コースのカリキュラムやフォロー制度、学習方法やTACの強みなどがわかります。

参加した人には「社労士の仕事がわかる本」「入会金10,000円免除券」がもらえますので、色々な通信講座を検討している人は、参加されて損はないと思います。

無料講座説明会/公開セミナーの詳細はこちら

コメントは受け付けていません。

ニチェのおすすめ社労士通信講座ベスト3

クレアール

クレアールの通信講座は、社会保険労務士試験の出題傾向の高い部分に的を絞ったテキストや過去20年間分の過去問を分析して構成された「分野別完全過去問題集」など、とにかく『合格必要得点範囲』を徹底的に抑えることに特化した通信講座となってます!
動画講義については社労士受験界では実力派講師として有名な北村庄吾講師と斎藤正美講師のお二人が担当されているので、講座のクオリティに関しても折り紙つきです。
お得な割引制度も充実してますので、なるべく安い価格で講座を探されてる方にも十分範囲内だと言えますね。

フォーサイト

フォーサイトの講座で使用している教材は、図表を多く取り入れた視覚的に分かりやすいフルカラーテキスト、専用スタジオで収録している通信講座専用のハイビジョン講義DVDなど、他の通信講座と比べてクオリティの点においては一番の教材だと言えます。
また、講座価格に関しても基礎講座+過去問講座のセットで余裕の10万円以下となっており、社会保険労務士の通信講座の中では最安水準となっております。
法律系資格を初めて受験される方や安い価格で講座を探されている方にはまさにバッチリな通信講座ですね^^

資格の学校TAC

TACはとにかく講座の種類が豊富にあり、初学者の方から受験経験者の方まで今の自分のレベルの合わせた講座を選択することが出来ます。
また、使用するテキストについては非常に詳細な部分までキッチリ作られており、毎年見直しを行っているだけあり常に最新の情報で学習することができます。
なお、その圧倒的な学習量、少し高額な受講料がボトルネックとなりますので、その辺りが十分こなせる方にはオススメ出来ますが、初学者の方、資格試験の勉強慣れしていない方の場合は少しハードルが高めな印象です。